http://jp.mobile.reuters.com/article/topNews/idJPKBN1870OU

[東京 11日 ロイター] - 東京電力ホールディングス (9501.T)と原子力損害賠償・廃炉等支援機構は11日、新しい再建計画の申請内容を公表した。2019年度以降に柏崎刈羽原発が再稼働するのを前提にした6通りの収支計画を示した。

同再建計画の改定は2014年1月以来で「第3次計画」という位置づけになる。

<収支計画は原発再稼働が前提>

新再建計画では26年度までの収支計画を示した。原子力規制委員会による審査中の柏崎刈羽6、7号機が19年度、20年度、21年度までにそれぞれ再稼働することが前提だ。

19年度と20年度に再稼働した場合、その後、4基か7基が順次動くケースと、21年度に再稼働し4基か6基が動く場合の収支を示した。

19年度に再稼働し全7基が動く場合は24年度から26年度までに2400億円前後の経常利益を想定する。21年度に再稼働し4基稼働した場合、25年度で約2500億円の経常利益を確保するとしている。

記者会見した東電の広瀬直己社長は原発再稼働について「このまま柏崎刈羽7基が廃炉になることはないと思っている。安全を保った上で地元の理解を得ることが大事だ」などと述べた。

<国有化は継続>

合わせて原賠支援機構は、現行の再建計画で2016年度末に実施する予定だった東電の経営評価の内容を公表した。

それによると、燃料・火力事業での中部電力(9502.T)との提携や6年半ぶりの公募社債市場への復帰などを評価した。

一方で、福島第1原発事故でのメルトダウン隠しや柏崎刈羽での免震重要棟の耐震性に関する対応の不備といった原子力安全の徹底などで「進ちょくが十分でなかった」と指摘。機構を通じた国の議決権比率2分の1超を継続するとの結論を示した。

(浜田健太郎 編集:田巻一彦)

2017年 5月 11日 6:14 PM JST

コメント一覧
凍土壁何も言わなくなったけどどうなったの
マジで倒産させろ!

倫理的に不愉快極まりない!
廃炉費用をちゃんと積み立てておくことを前提に計画立て直せよ
黒字も黒字なのに何を再建すんの
中部電に身売りすんじゃなかったのか
>>4

そんな事したら原発が凄まじく高コストだとバレちゃうだろ!

原発で何兆円、政治家や官僚が懐に入れてると思ってんだ!
原発ありきの考えが古い
ぬるま湯に浸かりすぎた。
ジェラなど分社した企業をどんどん地方に売って分解してけよ

もうジェラなんて東電役員や天下り官僚がウッキウキで入りまくってるだろ
どんだけ楽観的なんだよ