職が変わりました。

まあ、会社は変わってないんですけど。

仕事の詳しいことは書きたくないんですけど、まあ前の職場は窓口的なBtoCの所謂現場で、今度の職場はBtoBな裏方といったところです。

外回りとか、商談とか、憧れの響き。いよいよわたしも社会人だと、この時期に思っているのです。

今これ、出社前に書いてるんですが、今日初めて取引先とお話するんで、帰ったら続き書きますね。

前回ブログで「次は乃木坂!」とか言ってましたが、どうにもまた長くなっちゃいそうなんで、こういう細々とした日記も量産してみることにします。

では、では、いってきます。

 

ただいま帰りました。

残業じゃないです。筆不精です。

取引先とのお話は明日に延期となりましたが、1日Excelと戯れる仕事もいいものです。もともと、こういう作業の方が性に合ってるのでしょう。新しい職場について書くことがあんまりないので、お客様の話をします。

 

そもそもわたしはBtoCっていうか、お客様というものが嫌いです。これは、店員が客嫌いって話ではなくて、店で偉そうにする人がダメなんです。父とゼミの恩師と、凄い尊敬してるんですけど、店員にタメ語使うのだけはやめて欲しいんです。「ビールちょーだい!」がギリギリの範囲。「領収書ちょうだい」はダメ。

商品にお代払ってトントンですからね、あとは好意に甘えるだけのタカりなんですよ。店員より偉いわけじゃない。横柄にするな。年下でも知らない人には敬語使おうよ。

そりゃあ、良くしてくれてらリピートしますから、潜在的な次の客でもある以上無下にはしてほしくないですし、サービスも受けたいです。でも、自分から要求しだすとそれは乞食の類いでしょう。

サービスしろよ、ではなくご厚意ありがとう。そして、そのお返しにまた利用させてもらいますね。となるのが、やっぱり理想ではないでしょうか?

どっちも気持ちがいいですからね。結果的にタカるよりもいいサービスも受けられます。

 

結局のところ、好い人だと思われると得だから、好い人だと思われるために好い人のふりをするべし!

そんな、知らない火とからもよく思われたい北上さくらの「徒然、さくら戦線!」

今度はもっとちゃんと書きますね。